親ならば思うこと「障害のあるなしにかかわらず、わが子はおそらく、この私より長生きするだろう。そして、そのときこのひとはこのひとらしく生きていけるのだろうか…?」…と。
 やがて来るであろう先立つ日は遠くだ、と思いながらも「自分の力だけでは生きていけないこのひとをどなたに託したら、住み慣れたこの街で穏やかに幸せに暮らしていけるのだろうか…?」…とも。
 「コスモスとよた」はこのような思いを持つ親同士が力を合わせて、平成18年4月にNPO法人として立ち上げました。そして時を同じくして豊田市緑ヶ丘の地に就労支援とデイサービスの機能を持つ「みどりがおかコスモス」を開所しました。自分たちが安心してわが子を託せる場所は自分たちで作ろうと。私たちはわが子らが5年先、10年先に生活の基盤から支援できる体制づくりを目指しております。
 <ひとがひととして そのひとらしく生きていくために>を叶えるには、まず<おひとりおひとりとちゃんと向き合う>ことから始めなければと思っております。

 まずはそのための一歩を踏み出しました。ここまでの道のりでさえ、本当に手探りでありました。しかしこの道はきっと、お互いに支え合って楽しく、厳しく、和やかに暮らしていける日に続いていると信じております。より多くの皆様にご理解とご支援をいただきながら、また同じ思いを持っている方々と手をつなぎ、その輪を広げ、互いにささえ合いながら、一歩ずつ歩み続けていこうと思っております。
               理事 市川 睦美

 
                                   
平成19年9月に















特定非営利活動法人 コスモスとよた
                       ホームページへようこそ

私たちの活動を知っていただきたくてホームページを作りました。